Mercedes-AMG G 63

エクステリア

  • 不朽の名車 Mercedes-AMG G 63

    30年間外観がほとんど変わらないにもかかわらず、変わらず人気であり続けているならば、メーカーの方針が間違っていないということだろう。Gクラスは、そのような幸運を得た車だ。時代に左右されないデザイン。Mercedes-AMG G 63はこの伝統の一翼であり、微妙なデザインの変更が独特のアクセントとなっている。正面は、2本の薄板と4本のクローム製のインサートをあしらったAMGのRadiator Grilleが特徴的であり、大型のAir Intakeを搭載したBumperも目立っている。また、Fender FlareもAMGモデルの特徴だ。オプションのステンレススチール製Running Boardとサイドの保護ストリップには、つや消しアルミのインサートが施されており、独自の外観を演出している。その他にも、Front Fender上の「V8 BITURBO」の文字と、Rear DoorのMercedes-AMG G 63というネームプレートもユニークだ。赤いBrake Caliperと今回初めて搭載された20-inch Wheelが表現力豊かな外観を際立たせている。